2008年01月28日

子供に携帯を買い与える目的 in Japan

国内での親に対して行った、子供の携帯電話利用へのアンケートを発見。株式会社サーベイリサーチセンターがケータイサイト上で行ったもの。子供に携帯を持たせた理由や、まだ持たせていない親に対して、子供に持たせたい理由、または持たせたくない理由を聞いている。2007年5月に行った分2006年5月に行った分を紹介。

2007年の調査だと持たせた理由の7割ぐらいを緊急時の連絡と塾などからの帰宅時間を知らせたいの安全系が占める。これが持ってない子を持つ親が持たせたい理由になると、このふたつで9割占めるのな。そんで今持ってない子を持つけど、持たせたくないという親に聞いた持たせたくない理由は、料金が負担になるからが28.3パーセント、交友関係がわからなくなるのが不安が26パーセント、出会い系サイトを利用するのが不安が9.4パーセント、勉強が疎かになるというのが12.6パーセントだな。残りはその他。持たせる親も同じ様な不安や不満は抱えてるのだろう。

中高生向けの安全な余計な機能のついてない端末、潜在需要大きいと思う。ウィルコムで作るんなら、昨日書いたやつで方向性はOKっぽい。パケ死が無くて料金安価で、余計な事に使えなくて時間を無駄にせずに済み、安全性を確保。デザインは中高生が恥ずかしくないものを。2006年のアンケートを読んでると、自由回答でGPSに対する期待が多かったらしい。無いとダメなのかも。

子供の携帯料金に関しては2007年調査で、小中高の順で3427円、5556円、6947円との事。2006年調査では、2798円、4923円、8312円となっている。価格面の不満が大きい様なのでWILLCOMなんかがつけ入る隙はあるわな。というか多分、例えば両親と高校生の家族が居た時、親は通話とたまにテキストメールぐらいしかしないから、一人、2-3000円で済んでるけど、子供だけ7000円近いとか、そういう事になってるんじゃないか?高校生の親だと40代が基本だろうし、あんまりウェブ使わないだろう。これだと親のバカバカしさは相当な気もするので、10代向け余計な機能無し少機能フォンは拍手喝采の様な気がする。両親で併せて年間せいぜい50000円なのに、子供は一人で84000円使う事になるしね。

posted by DDIポケットの研究。 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ

2008年01月27日

子供に携帯を買い与える目的 in アメリカ

アメリカでの調査なんだけど、子供に携帯を買う理由は安全の為が78パーセントだって。エンターテイメントを重視する項目に挙げた親は1パーセント。ま、当り前だわな。親は別にケータイで遊んで欲しくて買ってもらうわけじゃないだろう。そんで44パーセントが位置情報アプリケーションに興味があるって話。日本でも多少傾向は違っても似た様な感じになるんじゃないかなと。

十分、売れんじゃん。ウィルコム端末。マイクロセルのおかげでGPSと違い、屋内でもそこそこの精度で使える位置検索サービスもあるしね。これと余計な機能なんか子供のケータイに不要な事をアピールすれば、十分商売になりそう。自分からの端末の位置情報の発信をGUIでできる様にしたりして、簡単にできる様に方が良いんじゃないかなとは思うけど。

親目線で端末作ったら、今のウィルコム端末みたいなのができるんじゃないかな?逆に携帯電話会社みたいなのはできないだろう。

posted by DDIポケットの研究。 at 00:25| Comment(3) | TrackBack(0) | ケータイ

2008年01月22日

ケータイカメラの利用調査

ケータイについて色々調べてたら、EPSONとか、キヤノンとかが加入しているカメラ付きケータイからのプリンタへの出力の標準化普及団体、MIPC(Mobile Imaging and Printing Consortium)が国内で行った、カメラつきケータイの利用状況を調査した結果を発見。

ネットで色々な層にたいして調査したみたいだけど、よく利用するカメラの撮影サイズは?ってのの答えがQVGAとVAGとわからない(<-多分初期設定のQVGAなどの低解像度)で85パーセントほどを占めるので、さほど高解像度は重要ではない様子。

詳しくは結果を見て欲しいなと思うけど、全体的に女性の方がカメラを頻繁に利用する様子。男性はカメラをあまり使わない様だ。如実に差が出てるね。男子大学生だと週に数回程度が3割ほどで、月に数回が55パーセントほどだけど、女子大生だとこの数字が逆になる。男性会社員と女性会社員でも同じ様な傾向。

女子高生はカメラ、毎日録る率が二割と多いね。HONEY BEE、VGA程度で十分だから、カメラ用意しといた方が良かったのかも。

あとあれだな。QVGAとVGA程度で取るのがほとんどなら、35万画素のCCDカメラの方が、130や200万画素のCMOSより通常の場合、役に立つのかもしれない。Webカメラとかだと、35万画素ほどのCCDはあると思うんだけど、ケータイ用には使えないのかな?

posted by DDIポケットの研究。 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ

2008年01月21日

デコメについて

デコメについて、調べてみたのを元にちょいと解説。ドコモの調査によると、2007年の3月の時点で月2億通(利用者は1000万人)との事。10代の女性は平均34通月に送るらしい。そんで前に紹介したドコモの夏野氏の講演で写真のメールに添付しての送付は一人平均月2通(普通のテキストメールはドコモの場合、平均月150通)との事。ユーザが5000万ほどだから、月間約一億通だな。写真付きのメールは昔からあるサービスだし、これ以上はあんまり伸びないだろう。デコメは今もっと増えてると思う。

デコメの料金はFOMAのパケット代の表によると、全角100文字と5KBのデコメールピクチャで標準のパケット単価0.21円の場合、15.8円で、全角100文字と背景色で3.2円、全角100文字と10文字のデコメ絵文字で17-18円ってところだそうな。もっと詰め込んだら、更に高くなるだろう。全角100文字のテキストメールが2.5円なのを考えるとパケットの増加分で高くなってるな。HTML化したり、絵文字が画像だったりするので妥当なところだが。単価の低いメールの単価を上げる為の仕組だろうしね。

載ってる端末を使った事のない俺には、どういう使われしてるのか、よくわからんね。ゴリゴリのデコレーションを行うのが普通なのか、基本的にはデコメ絵文字ぐらいしか使ってないのか。デコメ絵文字ぐらいなら、面倒臭がりの俺みたいなのでも使えそうだけど、ゴリゴリのデコレーションをするのは、かったるいので俺には無理だな。

デコメ(HTMLメール)は各社導入してるのだけど、利用可能な容量はドコモとauは100KBまでだけど、ソフトバンクは300KBとか。ウィルコムのはその辺の仕様がわからんね。

あとはデコメ作りやすいのかな?ウィルコムの端末。その辺も携帯に比べると洗練されてない気がする。大丈夫なのかな?

posted by DDIポケットの研究。 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ

2008年01月17日

ZEROProxyをWindows Mobile端末で使う

ZEROProxyを使って、外でiPod touchのウェブ機能を使うなんてのを見るのな。けど、別にPDAとかじゃなくても、無線LAN付きのスマートフォンなら、どれでも良いのか。emoneとギガデータプランあたりを契約して、クライアントに、ad esなり、ソフトバンクのスマートフォンを使うとかでも良いんだな。モバイルで使うのなら、1ギガバイトあれば十分だろうし。

CFスロットがある無線LAN搭載のWMのPDA+イーモバイルのCFカードでも良いね。これでWM PDAを持ち歩けるルータとして使えるし。電池のでかい、CFスロット搭載の無線LAN搭載PDA(ルータ)があれば便利かもしれない。

posted by DDIポケットの研究。 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ

2008年01月15日

使い手と場所を選ばないサービス

動画配信とかワンセグもそうなんだけど、やっぱり基本的に音の出るサービスというのは、使い所や使い手を選ぶんじゃないかなと。携帯電話向け動画サイトQlick.TVに関する記事を読んだんだけど、テレビやPCが部屋に無い10代が寝る前に見てるらしい。

家で見てるのは音を出して良い環境だからじゃねぇかな。外だと周囲に気を使い、ヘッドフォンを持ち歩いたりしないといけないしな。外部機器を利用しないと使えないとなると、利用のハードルが上がって、使ってもらえる可能性は低くなるわな。ワンセグなんかも家で使う人が多いのじゃなかったかな?

やっぱり、多くの人や場所で使ってもらえる可能性の高いサービスって、使う為の障壁の低いものだと思うのな。音が出ないとか、ユーザインターフェースが簡単だとかね。料金が安いのもそうか。ZERO3もネットラジオとかも良いんだけど、もうちょっと使い手と場所を選ばないサービスを提供して欲しいなと。通常の音声端末でも使える様なやつね。

posted by DDIポケットの研究。 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ

2008年01月12日

905iが守るもの

TCAの12月の結果出た。905iシリーズは好調に売れてるのだけど、DoCoMoの契約数自体があんまり伸びてない。なので、905iも加入者増には役に立たないみたいな声をちょっと見た。なので905iに関する前から思ってた事をチラッと。

契約者増えてないよってのは、そうなのかもしんないのだけど、あれのターゲットはハイエンドユーザ(特にパケットの)だしな。必ずしも数を取りにいく端末でもないかなと思う。あれで加入者数の動き自体はさほど変わらなくても、出ていく人が月額料金の支払いが少ない人の多いローエンドユーザばかりになれば、OKかと。支払額の高いハイエンドユーザを守る為の端末だしね。それに加えて、他社からもハイエンドユーザが来れば尚良しって感じ。

前に紹介した夏野氏の講演でも出てきてたと思うけど、2:8の法則でよく使う2割の人が売上げの大部分を叩き出す。そんでそのユーザは基本的に高機能端末を好むってのがあるのね。そんでパケット料金なんて、パケットをよく使うハイエンドユーザから見たらどの会社も一緒。4000円ちょい(携帯3社だと正確に書くとドコモが一番安いんだけど)。通話料金もホワイトプランが得になる環境にはまれば良いけど、それ以外だとドコモとauの方が得だったりするので、一長一短。ネットワークもHSDPAとEV-DOでそれなりに速度は出る。

ネット機能のハイエンドユーザから見て、料金とネットワークの差は縮まってるしね。あとは端末とコンテンツかな。勝負どころは。そうなるとドコモが圧倒的に有利だよね。ユーザの母数が大きいから、単純な質って面で考えると一番良い端末を数多く、揃えられるはずだからな。他の会社、あのラインナップ揃えるの無理だもん。数が出ないからね。同じ様なの揃えようとすると調達価格でも高くなる上、種類も揃えられない。コンテンツも似たようなもの。

だから、905iはドコモが弱点を克服して、自社の強みを最大限に生かして、ハイエンドユーザ市場を守りにきたなって感じ。

(#この段落、訂正あります。この記事に最後に付け足しました) もうちょっと書いておくと、端末はソフトバンクなんかでも、905iに割と近いハイエンド端末だと月額3880円の分割払い金の内、1680円は自分で払わないといけないから、2100円のドコモとあんまり変わらないしね。総額はソフトバンクが二年で9万円とかだから、総額が5万円ほどのドコモより短期で買い替えする場合、不利。こういうのも見ると、ドコモのバリュープランは練りに練って、作ってあるねぇと思う。

あとねぇ。auとソフトバンクもせっせこせっせこ、パケット定額の上限に到達させようと頑張ってるのだけど、これをやって目標を達成すると自社の強みを失うんだよな。

#訂正です。ソフトバンクで905iぐらいのスペックの920SHは現在のところ、月額の分割金、3580円で、2200円のスーパーボーナス特別割引が効くから、月額負担は1380円でした。すいません。機種変更だと少し高くなるので上ぐらいの本文中の料金になると思います。

posted by DDIポケットの研究。 at 21:39| Comment(2) | TrackBack(1) | ケータイ

2008年01月10日

妙に叩かれるWindows Mobile

Windows Mobileって使い勝手が悪いんだろうなと思っていたところ、昔、PocketPCを使ってたのを思いだす。結構ちゃんとできていた商品だったのとPDA界隈で割と高評価(Palmに対抗できる製品になったと言われていたと思う)だったのを思い出して、なんでこんなにWM、叩かれてるんだろうと/.J にタレコんだ

色々な情報が書きこまれたので、それに対する意見をあっちにも書き込んだのだけど、個々の書き込みのレスとして散発的に書き込んだので、こっちにまとめておこう。

知らない人の為に2000年頃の手の平サイズのPDAの簡単な状況説明を(ザウルスの事は省くね)。軽快な動作と電池の持ちで圧倒的な人気を博したPalmが主流。そんでそれの対抗の為にMSがPalm-size PCというOSを作った。しかし、これがWindowsのデスクトップメタファーをかなり色濃く残した製品で、PalmサイズのPDAに合わない操作系だったのな。そんで当時のハードウェアには重すぎるOSで動作も緩慢だった。そんなこともあって、PsPCを搭載した製品はまったく売れず。状況を打開する為に後継のOSとして、作られたのがPocketPC。Palmの良い所を研究して、デスクトップOSに引き摺られていた操作系を見直し、軽快に動くように作られる。この辺の事は改良された? ポケットPCの課題っていう記事にちらっと書かれている。

PocketPCを搭載したマシンは以前のPsPCを搭載したものと比べると、ハードウェア面の進歩もあり、それなりに軽快に動いたので、ボロクソに言われていたPsPCと違い、PDA界隈での見方も変わりつつあった。そこに突如として現れたのがiPAQというPocketPC搭載機。これが既存のPocketPCと何が違って、いたのかというと、StrongARMっていう他のPocketPCデバイスの性能をずっと上回るCPUを搭載していた。そんでそれなりに軽快になったPocketPCと組み合わさって軽快な動作を実現した。iPAQの動作に関して、 【ユーザーズレポート】PDA、これが言いたい!(2)の中に、Workpad c3(IBMのPalmOS機)みたいにサクサク動くっていう記述も見える。

iPAQは話題になった。当時のレビューなんかを挙げておくと、Mobile News [mobilenews.ne.jp]の山田道夫さんのiPAQ Pocket PC日本語版ファーストインプレッション(前編)(後編)や、人気のPocket PC“iPAQ”を試用するとか、かなりイイ感じのPocket PCコンパック「iPAQ Pocket PC H3630」。他には速いPDAであることの意味 - コンパック 「iPAQ Pocket PC」。最後の奴のタイトルに書いてある様に、iPAQは速いPDAとして認知されていた。

そんでもうちょっと色々調べてみて、iPAQ hx4700 使用感ってVGA液晶搭載のWindows Mobile搭載PDAのレビューを発見。そんで結論なんだけど、俺の印象だと、どうも遅いというのがWMの一番の問題の様。それと近頃のWindows Mobile搭載端末が遅い理由はVGAとか、それ以上の解像度に演算性能が追い付いてないんじゃないかなと。iPod touchばりの解像度とか、QVGAに落とすとWindows Mobile搭載機も爆速になる予感。iPod touchやiPAQ hx4700みたいにグラフィックアクセラレータの導入も良いのかもしれないね。でも、このレビューだとVGA非対応アプリは速いみたいな印象を受けるけど、今のWindowsMobile評を見てるとそういう事でも無いような感じも受けるね。VGA対応のアプリケーションを使ってても遅そう。

そこの解決には上に書いたみたいな解像度を落とすか、グラフィックアクセラレータの搭載が有効だと思う。低コストを重視するのなら、前者だし、高コストを許容できるのなら後者かなと。前者の場合、ウェブ端末として問題が出ると思う人もいるかもしれないけど、その辺はOperaのMSR(SSRじゃなくて)でカバーかな。

posted by DDIポケットの研究。 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ

2008年01月04日

ケータイの様なモバイルネットワークデバイスの料金制度

短期的には商売上できないというのはあると思う。そういう側面を抜くと、iモード使うのに315円が必要だったり、データ通信を安心して利用するのにオプション料金が必要だったりするのはダサいと思う。

ケータイだろうがスマートフォンだろうが、現在でも電話機ではなく、小型のモバイルネットワークコンピュータ(クライアント)である。利用できるネットワークを利用するアプリケーションの内、データ系のものだけを特別視して、別料金を取るのは、売っているのはあくまでも電話機という発想で格好悪いんだな。通話が主でデータが従という感じ。

通話だろうがウェブだろうが、メールだろうがクライアントに載っているどのネットワーク機能を使っても、基本的にはオプション料金を払わなくても当り前の様に使えるというのが望ましいと思う。データ通信のコモディティ化を果たして欲しいな。

ニュアンス伝わるかな?今のところ、ウィルコムがそれに一番近い会社だとは思うけどね。

posted by DDIポケットの研究。 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ

2007年11月24日

平型イヤフォンマイク端子の蓋

平型イヤフォンマイク端子の蓋が嫌いなのな。大抵の機種はそうだと思うんだけど、平型イヤフォンマイクの蓋は開けると、蓋が細いゴムだけで本体と繋がった、ぷらんぷらんな状態になる。その宙ぶらりんな状態の見た目が美しくねぇと俺は思うのな。しかも、あの状態のあの蓋は取れそうだしな。なんかふとした時にブチッとゴムがちぎれそうなのな。多分、ちぎれねぇとは思うんだけど、なんか不安な感じ。美しくないとか、変なドキドキ感が嫌いで、イヤフォンマイクは使いたくねぇと思うのな。

蓋の宙ぶらりんは見苦しいので、以前から、蓋をスライド式にすれば良いのにと思ってたのな。そんで今日、ウォークマンケータイ、W52Sの藻モックを見てた時に気づいた。この機種、平型イヤフォンマイクの端子の蓋がスライド式なのな。音楽ケータイだから、ヘッドフォンを付けた時でも見苦しくない様にこうなってるのだろうな。

そんで他の機種はどうなってるのだろうと気になり、モックを調べたら、auは同じくソニエリの W53SとカシオのW53CA、あとは 東芝のW54T、ドコモはF904iF905iがそうなってた。俺が見た限りではソフトバンクには無かったな。ドコモとauもこれだけではないかもしれない。auは音楽を売りにしているから、こういう要望が集まるのか、3メーカーと多かったな。

普通のヘッドフォン端子が付いて、普通のヘッドフォンが使える様になるのが、ケータイで手軽に音楽を聞くのに一番良さそうだと俺は思うけど、こういうのも悪くはないかもしれないな。音楽を聞けるZERO3とか、W310Kみたいな機種でこうなってると良いんじゃないかなと思う。

ぷらんぷらんの蓋の機種が減って、スマートにヘッドフォンを付けられる様になると、ケータイで音楽を聞く人がもっと増えるかもしれないな。

posted by DDIポケットの研究。 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ケータイ

2007年09月17日

ケータイの平均機種変更期間は2.6年

useWill.comで紹介されていた、携帯業界は「2年ひと昔」?って記事を読んだ感想。

ケータイは性能が上がってきて、性能的に必要十分と思う人が増えた様で、機種変更期間はどんどん長くなってるな。4月に発表された内閣府の消費動向調査(全国、月次)にある、主要耐久消費財の買換え調査でも、昨年と同様の2.6年という平均買換え期間が示されている。

ソフトバンクやウィルコムの様な二年間の割賦払いは、平均的な人達にとって関係のないものだな。常に最新機種を欲しがる一部の人達は困るのかもしれないけどな。

あと別に割賦払いでも、二年以内に機種変更できないわけじゃないな。金払えば機種変更できるのだし。記事見た感じだと機種変更好きなハイエンドよりの意見かなと思う。あまり機種変しないユーザにメリット大きいと書いてて、二年以内に機種変更するみたいなのが平均と思ってるフシがあるしな。世の中ハイエンドユーザだけじゃないのにな。

posted by DDIポケットの研究。 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ

2007年08月28日

QRコードでスケジュール登録

ドコモauソフトバンクのケータイ各社のQRコードのページをちらほらと眺めてたものの、URLや電話番号の読み取りとか、アドレスに登録ぐらいしか書いてないな。どこか一社ぐらい、QRコードでスケジュール登録できる会社があるんじゃないかと思って探してみたのだけど。

QRコードでスケジュールの登録ができれば、例えばチケットとかポスターとかに、ライブの開催日や場所とか、ある物の販売開始の日や時刻なんかのQRコードを印刷しておいて、ケータイでそれを読み取って、スケジュールに登録するってな事ができるのに。

QRコードで読み取る時に標準とするデータ形式はiCalendar辺りを元にしたものにすれば良いし、ウィルコム(じゃなくても良いけど)が音頭とって、標準化してくれないかな?

posted by DDIポケットの研究。 at 17:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ケータイ

2007年04月04日

パケット課金がわかりにくい

ウィルコムのパケット料金は安くて気に入ってるのだけど、 パケット課金ってのはやっぱりわかりにくいなと思う。ある程度使い慣れてるので、このぐらいの使いかただと、今月トータルで300円ぐらいかなと思ったりするけど、イマイチどのぐらい使ったか、はっきりとはわからなかったりする。画面に表示されてるテキスト見て、これはxxバイトぐらいだから、いくらぐらいとか、あんまりわかんないしね。今から、パケット通信やって、10000パケット前後ぐらいで止めてくれと言われたら、きっちり外す自信があるな。俺はわりかしデジタル機器を扱うのに慣れてる方かなと思うけど、あまり慣れてない人だと、わかりにくい度はもうちょっと上がるかなと。

携帯だと、これに加えて課金単位が大きいのでちょっと使うだけで、1000円2000円ぐらいすぐ行ってしまう。ウェブは基本的にテキストメールよりもデータ量大きめだしね。もしちょっと使うだけでも高いってイメージから、ケータイ用のウェブを使わない人が多いなら、ウィルコムを持っても使わないかもね。もしそういう人が多いのなら、例えば契約後一月か二月ぐらい、データ定額か、通話パックを契約した人は1050円以上端末単体で利用した場合のパケット料金を取らないって方法も有効かも(場合によってはソフトバンクみたいに無料)。料金的な問題から、ケータイのウェブを敬遠してた人も、あまり高くならないなら、試してみようって人が増えるかもしれない。試してみて、高くないのが体感できれば、ちょっと使うだけでも高いからって理由で敬遠してた人のデータ通信料の底上げになるかなと。あまり高くないのがわかれば、恐らく使う機会が増える可能性が上がるだろうしね。

あとウィルコム端末を販売するお店の人も、とりあえず最初の方だけでも1050円以上取られないのなら、「ウィルコムはパケット料金も安いです。平均的な利用方法なら数百円で済みますので、試してみてください」とお客さんに安いパケット単価を売り込みやすくなるな。他キャリアのデータARPUを見ても平均は恐らく2-3万パケットぐらい。万が一、試してみて、お客さんが平均的な利用を越えるぐらい沢山使ってしまっても、4000円とかわりかし高めの料金にならないし、クレームにはならないしね。「安いって言ってたのに。」とお客さんが思う可能性は減るな。

端末のブックマークに入ってるPC用のサイトを使いまくると数百円では収まらないけど、アレは表示が遅い上にごちゃごちゃして使いづらく感じるかもしれないから、大抵の人はちょっと使ってすぐ使うのやめるかもと思ったりもする。でも、念のため、店の人はこっちを使うとわりかし高くなるってのは説明しといた方が良いのかもな。

一ヶ月か二ヶ月、パケット料金を1050円以上取らない事で可能な全体の底上げが、取らない事で失うヘビーユーザのパケット料金を上回れば、やる価値はあるかなと。最初の方の明細書に携帯で使うとパケット料金はこのぐらいになりますってのを書いておくと利用者から見ると安さがわかりやすいかもね。

パケット課金って言う、わかりにくいシステムに慣れるのに身銭をあんまり切らなくて良いってのは、慣れてもらうのに有効なんじゃないかなと俺は思う。課金単位が低いから、大抵の人は恐らく月のパケット代、500円以下で済むだろうから、そこを売りにしていって欲しいなと思う。

posted by DDIポケットの研究。 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ

2007年04月02日

ヘビー携帯ネットユーザの生態

ちょっと気になった記事なので紹介するな。ITmedia Newsより、「つまんない」「暇」を検索入力・会員100万人は簡単――携帯ネットの意外な“常識”って記事。記事の中の気になったところを紹介。記事タイトルにもあるけど、つまんないとか暇で検索する人いるんだな。俺は少なくとも、こんなキーワードでGoogleは使わないな。検索語として抽象的すぎて、検索結果がロクでもない事になるの目に見えてるしな。多分、これ読んでる人はGoogleとかで普通に検索できると思うけど、こういうキーワードを入れたら、検索結果が望むものが出てくるってのは経験で知ってるんじゃないかなと。ネットとかコンピュータに弱い人はそういう事ができないんだろうな。「広い」とか「大きい」とか普段検索には使わない用語で検索してみると面白いかもしれないな。

あとは携帯向けの検索サイトの準大手のF★ROUTE提供してる会社の社長の人の私見だけど、携帯ネットの国内全契約者数は約8500万人。このうち、携帯ネットを頻繁に利用しているユーザーは「1000万人以下なのではないか」と佐藤社長は見る。ってとこ。auのデータARPUなどで取り上げたけど、昨年十二月の時点で、パケホーダイの契約者が856万ってのを考えるとかなり少ない数字だな。でも、最低限ウェブを使う人は料金的な問題から、1000円以上のデータ用のオプションを契約すると仮定する。昨年十二月の時点でのWINの契約者の内の78パーセントのダブル定額ライト以上の契約者は約976万人だな。ここに2:8の法則を当てはめてると、auのヘビーユーザは内二割の約200万人と推定されるな。同じ条件をFOMA契約者の3211万人に当てはめると、78パーセントで約2500万人。その内二割は500万人だな。ソフトバンクは3G移行が最近始まったばかりなので、ヘビーユーザ数はau以下って考えると大体1000万人以下ってのは妥当に見えるかなと思う。あってるかどうかはわからんが。

GoogleなどのPC側のサービス提供者が、ケータイ向けに本格参入ってのも、気になるところだわな。個人的異見だけど、ケータイ向けサイトはGoogleモバイル以外、イマイチなのが多いので、PC向けの業者が面白いのを用意してくれないかなと思う。

posted by DDIポケットの研究。 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ