2010年01月16日

N-06Aを購入して

7ヶ月ぶりの更新(汗)。
昨年末に今更(?)ながら、docomoのPRIMEシリーズのN-06Aを購入(といっても不人気機種の様なので0円だったのだけれど)。初ドコモ。

キャリア動向とかには興味はあるものの端末とかはあまり興味のない人だったのでそっち方面はいじってなかったのだけど、携帯も手に入れて、色々いじってみる事に。で、N-06Aやiモード自体の感想を。

ドコモ端末ではウィルコム端末の様にパケット代を抑えて、使ったりはしない(というか無理に近い。ちょっと使ったらすぐ上限に到達するだろうし)。前はケータイは料金を抑える方向に動いてたのだけど、まあ、「自分が好きな産業なら多少はお金を落とす様にしましょう」という方向に路線変更。ユーザにお金を落としてもらえないとウィルコムみたいになると思うしね。お金がないからあまりよくない端末しか作る事ができなかったりして、良いサービスを提供できないみたいな。ケータイが好きな人はネットワークとかバンバン利用して、お金を落として、フィードバックをキャリアやメーカーやコンテンツ&アプリサービス業者に送りましょう。

ってなわけで、この端末の使い方の前提として、iモードのパケット代は上限前提で書きます。あと基本的にはキーを出して、縦型画面で利用するのを前提として書きます。キー出しの横型画面やタッチオンリーの状態はほとんど使わないので。

ではこの機種やiモードを使ってみて、思った事などを。 N-06Aはデスクトップにアイコンを張り付ける事ができます。この機能を使うと待ち受け画面から決定キー(ニューロポインター)を押すとアイコンが画面上に横一列に4つ表示され、それを選択する事で該当するサービスが起動可能。同時に表示されるのは4つだがアイコンは15個まで張り付ける事が可能。第26回 “ブックマーク”ではなく“特定のサイト”をショートカットに設定する方法 (2/2)にN905iのデスクトップアイコンの写真があるがこんな感じ。N905iは5つアイコンが同時に表示されているけど、非タッチパネル機のN-01Bでもアイコンが5つ表示されていた。N-06Aが4つなのはタッチパネル向けに触りやすい様にアイコンを大きくするためだと思う。

同時に表示されるのが4つなので若干ページの切り替えが面倒。ページダウンとかでも次や前の4つに移らず、左右の方向キーを何回か押して次のページに移らないといけないので。4つのアイコンの左右にある左向きの矢印と右向きの矢印をタッチして、次のページに移る事もできるけど、個人的にはボタン操作している時にこれをやるのは指の移動範囲が大きくちょっと面倒。

同時に表示されるのは4つなのはちょっと少ない気もする。よく使うのはmixiと乗換案内がメイン(この二つで実利用の50パーセントぐらい)であと天気予報かなと思うのだけど。Fの新型端末は9つ同時に表示できるそうなので、Nも縦2段の横4列の8個は表示できても良い気がする。あとiモードコンテンツを貼り付けた時、アイコンがiモードコンテンツ用のあじけないアイコンが表示されるのが悲しい。mixiなどのアイコンはプリインストールして、汎用的に使えそうな電車マークや天気予報なんかのアイコンもプリインストール(かダウンロード)しておいて欲しい。ここのコンテンツは貼り付けられるもののブックマークは貼り付けられないなどいくつか貼り付けられない機能があるのも直して欲しいところかな。

ブックマークがデスクトップに貼り付けられないのでブックマークの起動がちょっと面倒だなと思っていたのだけど、この辺はタッチパネル専用機で利用できるアイコンiメニューのカスタマイズができる様になれば、解決する様な気がした。端末のiボタンって結構良い位置を占めていて、最近のiモード端末ではソフトバンクのY!ボタンの様に押すとiメニューがいきなり起動する(設定で端末のiモードメニューの起動に変更可能)。

ドコモの2009年夏モデルに18機種を開発および一部機種を発売って資料に書いてあるのだけど、新iモードブラウザ搭載端末ではキャッシュされたiメニューが起動するのでボタンを押してからのiメニューの起動が速い。1秒ぐらいだと思う。ここに色々、mixiや乗換案内などのアイコンを貼る事ができると便利そう。PC上でウェブブラウザからサクサクッと編集して、端末でそれを利用するとかできれば、PCと端末をつなげてサービスのインストールとかもいらないし、楽そうかな。あとちゃんと仕組みを作れば、コンテンツプロバイダが用意したmixiや乗換案内などのアイコンなども自動で設定されるなんてのもできるだろう。ニュースや天気予報も好きなニュースや天気予報にカスタマイズできると便利かなと個人的に思う。

アイコンiメニューはごちゃごちゃと色々表示されていて、縦に長いと感じる標準のiメニューよりシンプルでケータイになれていない自分でも操作しやすいと感じた。ボタン操作だけでも十分使えるので別にタッチパネル端末じゃなくても利用できて良いような気もする。

iボタンって結構良い位置を占めているので、ここで起動できるサービスを使いやすくできると端末が便利になると思う。ネットワーク経由でのサービスなのでここを改良してしまえば、N-06Aでも他の端末でも利用できるし。現状アイコンiメニューで起動できるサービスは使わないものが多いかな?ゲームとか音楽は聞かないし、iガイドも必要ないし、お客様サポートのアイコンも一番上の右という良い位置に置く必要性は個人的には薄い。

アイコンiメニューは9+9の計18のアイコンが表示できる様になっているけど、これだけでも自由に登録できる様になれば、結構な人が実利用の8割ぐらいを占めそうなコンテンツは登録できそうな気もする。多分、利用時間やシチュエーションに制約のあるモバイル利用だと実際によく使うコンテンツはそんなに多くはないような気がするし。この辺は統計データを見てみたい気がする。人はモバイルで実際にどの程度のコンテンツを利用しているのかとかね。多分、100の機能があっても、上位の2割で実利用時間の8割を占めるとかそんな感じになる人が大部分だと思うし、Zen of Palmよろしくそのダイアモンド部分を磨いて使いやすくして欲しいかなと。

いじり始めて一ヶ月経ってないけど、国内端末は仕組みや技術的に可能な事はまだまだ色々あるけれど、実現されてない事が色々あると感じた。今あるiモードの仕様や枠組みでも端末、ネットワークを含めて、この枠組み内でも改良の余地があると思う。制限はあるけど、色々考えられる人にはおもしろいかも。ケータイ好きの人は色々考えて欲しい。 もうちょっと思った事(FLASH Liteについてなど)はあるのだけど。長くなった気もするので次回に回します。とりあえず以上。

posted by DDIポケットの研究。 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | NTTドコモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34769694
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック