2008年10月11日

携帯端末で表示しやすいサイト

海外でも携帯端末で表示しやすいサイトが今後さらに増えると思うのな。ネットの閲覧ができる端末が増えるにしたがって、拡大が進むモバイル広告市場っていう/.のタレコミにも書いたんだけど。

ウェブは携帯界隈ではPCサイトとか言われるのな。今から書く理由でいわゆるPCサイトと呼ばれているわけじゃないけど、アレはたしかにPCサイトな部分もあるわけ。閲覧がPCでされる事を前提に作ってあるから。携帯端末が増えれば、そっちで表示しやすいサイトが増えるのは当たり前じゃないかなと。今、PCがウェブ閲覧機器として多いから、PCで見やすいサイトが多い様に。

iPhoneからのサイトアクセスに不満の調査結果--望まれるサイトの改善ってCNETの記事にもチラッと書いてあるんだけど、端末に特化したサイトでの広告のクリック率がこんなものならば、端末に特化されていないPCサイトでのクリック率はもっと下がると思う。ウェブ上の多くのサービスは広告のおかげで無料で扱えるわけで、携帯端末からの閲覧が増えるのならば、そちらに対応したコンテンツ表示や広告技術は当然、要望されるだろう。そうじゃないと広告主が黙っちゃいないし、広告ベースのコンテンツプロバイダも儲かんないのな。

かくして世界でも、モバイルウェブが成長するのだと思う。Google、Yahoo!、Youtube、Facebook、MySpace、amazon.com、New York Timesなんかはもうモバイル対応してるけどさ。

posted by DDIポケットの研究。 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のモバイル記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20940046
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック