2008年09月20日

モバイルに適化されたネットワークとはなにか?

パケット通信+無線LAN定額がトレンドの香港って記事を読んで。この記事中には、

日本では、スマートフォンのように携帯電話に無線LANが搭載された端末は、まだまだ一般的にはなっていない。また通信事業者が独自の携帯電話向けコンテンツサービスを提供していることから、スマートフォンを利用する必要性もあまり高くないだろう。しかし海外では、日本ほど携帯コンテンツの普及が進んでいないことに加え、端末の性能向上と通信回線の高速化により"わざわざ"携帯電話専用のサービスを利用しなくとも、インターネット上のWEBサービスをそのまま利用する動きが活発化している。

ってあるんだよね。スマートフォンとか使う人とか、モバイラとかが特にそうなんだけど、PCサイトをモバイルサイトより無条件で良いものとして扱う傾向があるんだよね。どっちかと言うと外でPCサービスを使いたい人達だから仕方のない面もあるのかなと思うけど。モバイルサイトが発展していないため携帯端末上でわざわざモバイルでの利用に特化されていないインターネット上のWEBサービスをそのまま利用しないといけないとは思わないんだろうな。

でも、PCサイトってモバイル時の利用に特化したネットワークじゃないんだよね。モバイルでは可処分時間に制約があったり、音が出しにくいとか、いる場所など状況に応じて、必要な情報が変化したりする。現状のウェブってそういうスタイルで利用するのに特化されていないと思う。家でゆったり使うヘビーユーザ向けに適化されてると思う。軽薄短小なさっと使えるコンテンツが少ない。

上の記事を書いた山根康宏氏もそうなんだけど、いわゆるモバイラって人達はPCサイトとかにこだわりすぎて、モバイルで便利なネットワーク(コンピュータ)はどうあるべきか?とかを問わないんだよね。俺なんかはそこが一番大事だと思うんだけどさ。PCサイト閲覧とか既存のコンピューティングにこだわりすぎて、自分達で新しいものを生み出すって発想に行かない。ケータイ業界の人もモバイルでのネットワークはどうあるべきかっていうのをあまり問うたりしてない様に見えるけどさ。ちょっと情けないんだよね。

posted by DDIポケットの研究。 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のモバイル記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19722202
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック