2008年06月28日

ケータイ(スマートフォン含む)のデータ通信市場について

PCよりのユーザってさぁ、ケータイやスマートフォンも含めて、PCが主でモバイル系統のデータ通信をサブと看做している人がまだまだ多い気がする。ケータイ系統の定額って、4000-6000円ぐらいなんだけどさ、ケータイでの通信なんて、PCを補間するもの的な考えの人だと、この価格は高く感じる様な気がすんのな。サブ回線が光ファイバなり、ADSLなりと同額だしね。金銭感覚なんて、人それぞれだけど。

そういう感覚の人がPCユーザに多いのなら、そっちを狙った商売はあんまりうまくいかないかもね。そっちを狙い続けるのなら、現状は価格を下げる必要があるかもしれないし、価格を下げないのなら、別の集団(モバイルデータ通信に金を出す、ケータイよりのユーザ)を狙う必要があるんじゃないかなと。

ユーザが金を出さない(儲からない)ってのは、資本主義社会において、致命傷かなと思う。人的資源とかも含めて、そういうのが資本の集まるところに集中する仕組だからね。モバイルコンピューティングに関して、ケータイよりのユーザとPCよりのユーザの違いはそこかなと思ってる。モバイルに金を出すか出さないか。統計を見たわけじゃないけどね。

でもiPhoneの通信費に文句言ってる人わりと見掛けるね。あんな感じの人が多いのなら、スマートフォンの発展はまだ時間が掛かるかなと思う。スマートフォンがPCよりのユーザにしか訴求しなかった場合だけど。

posted by DDIポケットの研究。 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16446611
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック