2008年05月30日

906iと706iについて

906i706iをざっと見ての感想。906iベースの端末は海外で売れるのかなと。905iベースの端末を海外で売るという話も出てたけど、どうなってるんだろう?

国内端末ってiモードとかに目が行く人が多いと思うんだけど、906iや905iベースの端末って高解像度フルブラウザ端末としても販売可能なのな。904iなどとの大きな違いはそこ。905i以降ベースの端末をどう売るかは各国のキャリア次第だね。フルブラウザ利用の料金をどうするか?とかね(海外はイマイチ需要が小さいので、データ料金は概ね安いんだけどさ)。ワンセグなどの国内仕様の部分の手直しは必要だけど。

iモード(iアプリ)向けに各種Googleのアプリが揃ってるのも、良い部分じゃないかなと。

という風に実は端末は905i以降は大変化してるんだけど、みんなほとんど気づいてないのな。905i以降ベースの端末を海外で売る時にどうするのか、興味あるね。iモード押しで行くのか?フルブラウザ+iモード&iアプリを売りにするのか?

706iはN705iμの後継が無くなってるね。ああいう薄型系の端末はボタンも薄型で押しにくいんだけど、N705iμのモックしかいじってないんだけど、押しやすかった。十字キーもよく出来てたと思う。ボタンが全体的に大きかったのが押しやすい理由だと思う(手の大きさによってはNは使いづらいのかもしんないけど)。Pのμの方はイマイチ押しづらかったので、残るならNの方が良かったのにと思うけど、端末の売れる要素はデザインとかもあるしね。仕方がないのかも。

posted by DDIポケットの研究。 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | NTTドコモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15515864
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック