2008年05月01日

ケータイネット利用者の社会人の割合について

モバゲー会員数が1000万人突破--20代と30代以上のユーザーが増加に書いてあるんだけど、モバゲーは20代と30代でユーザの6割を占めてる。ケータイネットの最近の変化で重要な点だけど、社会人のユーザが増えてきてるのな。この辺はビジネス的に重要な事だわな。社会人(可処分所得の多い)ユーザの増加は、企業広告なんかをケータイネット上に呼び込むしね。それが増えれば、無料サービスが更に増える。

ケータイネットは子供のものと思う人もいるかもしんないけど、子供もずっと子供でいるわけじゃないしね。大人になって給料を得る様になるわな。この辺がもたらす変化というのは色々あるんだけど、ネット以外だと電子マネーの潜在利用者増えるとかね、

この辺の社会人のケータイネット利用者層の市場の情報がネット上でもうちょっと出てくると面白いんだけど、未だにネット上では子供のケータイネットの使い方が注目されがちな気がする。情報が流れてくるのが遅いのな。ドコモもパケ・ホーダイも1300万の内の半分以上は社会人ユーザが占めてると思うんだけど(学生ユーザで650万以上はちょっと考えづらいと思う)。ユーザの内訳とか発表してくんねぇかな。

posted by DDIポケットの研究。 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14612389
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック