2008年02月10日

タッチパネル搭載ノートPCについて

既存のUMPCとかを見ていて、微妙だなと思ってたのだけど、よくよく考えるとタッチパネルだけは良さそう。あれ、ノートPCでなんで流行んないんだろう(搭載すると大きくなるのか?)。

マウスが無くても、そこそこ操作性が得られるだろうし。ウェブとの相性も良いかなと。EeePCとかに付いてると便利そう。ブログに張られてるYouTubeの動画を押すと再生が始まったりね。

工人舎の似た様なノートPCにはタッチパネル付いてるけど、CPUが微妙だな。あんまりウェブを快適に使えそうじゃない。

XPのタブレットPC版とか、マウスがなくてもそこそこ使えるノートPC用のOSとして、売れば良かった気がする。なんか絵が掛ける事とかを売りにしてたけど。外でマウスとか持って歩くの面倒くさいじゃんか。タッチパネルなら最悪、スタイラスをもって歩かないといけない場合でもPC本体に十分挿さるしね。

EeePC的なサイズでネットが使える性能を持つ、タッチパネルを持つ、XGPHSなモバイルPCは良いかもしれないね。

posted by DDIポケットの研究。 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のモバイル記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10726534
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック