2008年09月20日

みんなiモードの成功要因をはっきりわかってないんじゃないか?

iモードが成功した理由をぼんやりとはわかっているものの、みんなきちんとわかってないんじゃないか?とか最近思うのな。細かいところは色々あれど、成功した理由はわりかしシンプルなんだけど。技術的な部分では、敷居を低くする事により、潜在ユーザの拡大を計った事。それまでの端末サイズが大きいPDA的な商品ではなく、普通のケータイに突っ込んだ事。これで潜在ユーザは全ドコモユーザになるのな。こっちはまあさんざん語られてる話だけど。もうちょっと細かく。

DSなんかも証明してるけど、ユーザの敷居が低いほど、潜在ユーザは多くなる。ケータイなんか誰でも持ってるんだから、普通のケータイに使ってもらいたい技術を突っ込めれば、潜在ユーザは増えるわな。DSなんかだと、結局端末を買ってもらわないといけないし、ある程度敷居があるから、既存のゲームユーザの方向も向きつつ、端末やサービスを作らないといけない。それが非ゲーム商品をゲームの拡大と言ってみたり、既存のゲームの様なゲームも出す事だったりする。でも、普通のケータイに突っ込めれば、それは考えなくても大丈夫だった(結果的に)。既存のモバイルユーザ以外の人のみに集中する事ができた。

c-HTMLがどうとかはさんざん語られてるので省略ね。

そんで、あとは経済的な面。実はこっちも極めて重要なのにほとんど語られない。儲かるパケット料金を設定した事。あとPCと違い広告ベースではなく、課金モデルを採用した事。

儲かるパケット料金はドコモが連続的な投資を行うのに必要。これ無しでは、iモードの成功はありえない。デジタルデバイスは連続的な投資が行われれば、ムーアの法則とかその他により、応用範囲を広げたりする事が可能に。海外でiモードが失敗した(少なくとも俺が考える)最大の理由はここにあるのな。海外事業者はパケット料金を安く設定しすぎた。それでiモードを投資を行う価値の無いものにしてしまった。普通のケータイに突っ込んで、敷居が低く利用しやすいものにしても、使ってもらっても儲からない。

料金についてはヨーロッパにおけるiモードの現状にせまる!(1)とか、ヨーロッパにおけるiモードの現状にせまる!(2)、あと要登録だけどうっすら見える【CeBIT速報】1年経った欧州版iモード,カメラ付きケータイでテコ入れが参考になるかな?当時のパケット料金としては安いと思う。特に最後の記事に書かれてるドイツのは間違いじゃないかな?と思うほど安い。

あと料金面に関しては2007年の記事だけど、Times OnlineのAre the mobile networks backing the wrong horse?って記事でMr Natsuno contends that European operators have already shot themselves in the foot by setting monthly rates too low – in some cases as low as €6 (£4.20) per month. ってな事を夏野氏が言った事も書かれてる。

あとコンテンツは広告モデルだと失敗しただろうね。広告モデルを機能させるには、ユーザをたくさん集めないといけないだろうし、ユーザを集めるためにパケット料金を安くしたのではキャリアが儲からないだろう。キャリアによる投資(端末の開発や販売奨励金を出す事)が行われなくなり、失敗する。ユーザを集めないまま、広告モデルを導入すると、儲からずに撤退が相次いで、コンテンツが集まらなかったと思う。また課金モデルもユーザ層を(PCユーザ以外にも)広げる事で受け入れられたって事も大きい。

ユーザの敷居を徹底的に下げて、ユーザベースを広くして、パケット代やコンテンツプロバイダが儲かる仕組を整えたってのが成功要因なのな。お金のあるところに人や物が集まるっていう、資本主義の仕組を徹底的に利用したシステムなんだけど、非常に重要なのにここがかなり軽視されてる様に思うのな。

ま、夏野氏の著作なんか見ても、パケット代でバリバリ儲かるシステムなので発展しましたみたいな、身も蓋もない書き方はしてなくて、ビジネスモデルを整えるとか、ふわっとした書き方しかされてなくて、その辺の伝わらないってのもあるのかもしんないけど。

こうやって説明されるとiモードは特殊なものじゃないってのがわかるのではないかなと。極めて王道だよ。ビジネスの仕組として。本来、ガラパゴスとか呼ばれる類のものじゃないんだけど、ビジネスモデルをきちんと説明して、輸出できなかったのは失敗だと思う。儲かる仕組のパケット料金体系を考案して輸出するべきだった(パケ死の輸出は良くないかなと思うけど)。

iモードの海外での失敗要因で経済的な面に触れてないものがあるけど、俺からするとそれは読む価値がないかなと。ガラパゴスとか言って、叩いている人がそんな記事を書いてたりする事が多いと思うけどね。

ま、失敗要因は他にもマーケティングとか、細かく調べていくと他にもあるかもしれない。一つの情報として、この記事を参考にしてもらえるとうれしいなと。

posted by DDIポケットの研究。 at 13:33| Comment(1) | TrackBack(0) | NTTドコモ

モバイルに適化されたネットワークとはなにか?

パケット通信+無線LAN定額がトレンドの香港って記事を読んで。この記事中には、

日本では、スマートフォンのように携帯電話に無線LANが搭載された端末は、まだまだ一般的にはなっていない。また通信事業者が独自の携帯電話向けコンテンツサービスを提供していることから、スマートフォンを利用する必要性もあまり高くないだろう。しかし海外では、日本ほど携帯コンテンツの普及が進んでいないことに加え、端末の性能向上と通信回線の高速化により"わざわざ"携帯電話専用のサービスを利用しなくとも、インターネット上のWEBサービスをそのまま利用する動きが活発化している。

ってあるんだよね。スマートフォンとか使う人とか、モバイラとかが特にそうなんだけど、PCサイトをモバイルサイトより無条件で良いものとして扱う傾向があるんだよね。どっちかと言うと外でPCサービスを使いたい人達だから仕方のない面もあるのかなと思うけど。モバイルサイトが発展していないため携帯端末上でわざわざモバイルでの利用に特化されていないインターネット上のWEBサービスをそのまま利用しないといけないとは思わないんだろうな。

でも、PCサイトってモバイル時の利用に特化したネットワークじゃないんだよね。モバイルでは可処分時間に制約があったり、音が出しにくいとか、いる場所など状況に応じて、必要な情報が変化したりする。現状のウェブってそういうスタイルで利用するのに特化されていないと思う。家でゆったり使うヘビーユーザ向けに適化されてると思う。軽薄短小なさっと使えるコンテンツが少ない。

上の記事を書いた山根康宏氏もそうなんだけど、いわゆるモバイラって人達はPCサイトとかにこだわりすぎて、モバイルで便利なネットワーク(コンピュータ)はどうあるべきか?とかを問わないんだよね。俺なんかはそこが一番大事だと思うんだけどさ。PCサイト閲覧とか既存のコンピューティングにこだわりすぎて、自分達で新しいものを生み出すって発想に行かない。ケータイ業界の人もモバイルでのネットワークはどうあるべきかっていうのをあまり問うたりしてない様に見えるけどさ。ちょっと情けないんだよね。

posted by DDIポケットの研究。 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のモバイル記事

2008年09月18日

auにDS的な発想を適用してみる

auが不調との事。データのヘビーユーザが多く、ネットワークの負荷が高いけど、あまりネットワークに投資ができなかったり、技術的に改善の余地がないのなら、思い切って、ヘビーなアプリケーションを切るのも良いかなと思うのな。それでかなりのネットワーク負荷が削減できて、価格にも反映できるのなら、それをネットワーク利用の価格に反映するとかね。

DSな軽薄短小路線を目指す。動画や音楽などのモバイルで音の出るサービスは必要なのか?使う場所を選ぶし、使いづらくないか?とか、厚く重たい端末より、薄く軽い端末が欲しいんじゃない?とかね。

動画とかヘビーなアプリケーションをカットした、薄くて軽くて使い易い専用端末を用意して、どこでも使えるテキストや画像のウェブ。GPSやおサイフケータイしか使えない代わりに、月額のデータ定額料金が2000円だけみたいなのもアリじゃないかなと思う。ネットワーク負荷がこれで利益が出るほど下げられるのなら。

どこまでアプリケーションを切るかは考えどころだけど。コンテンツプロバイダの方もある程度、向くのなら軽い着うたぐらいは残しても良いのかもしれないし。ま、高性能を目指すのがむずかしいのなら、こういう方向もありだと思う。端末機能に興味の無い人の方が多いみたいだし。ワンセグもネットワーク負荷を下げるのに役立つみたいだけど、こういう端末なら、ワンセグも不要かもしれない。

PCサイトの無限と感じられる様なコンテンツは可処分時間の少ない外出時には検索以外ではあまり意味はないと思うし、動画とか音楽は使いどころ選ぶね。ヘビー系のコンテンツって、モバイルでは需要が低いんじゃないかなと思う。性能競争の延長線上にある、これらをカットして、普通の人(<-あいまいな概念)が普通に使える低コストなサービスの方が良いんじゃねぇかな?液晶もQVGAとかで良いかもね。

auは通信チップにGPSが統合されてて、ハイからローエンドまでGPS使えるとか、他社には無い魅力的な部分もあるので、その辺も生かすと良いかなと。位置情報コンテンツを使いたい人って、動画よりは多いと思うしね。それが安く利用できるのなら、魅力的じゃないかなと。

動画、本当に必要ですか?とか、きちっとプレゼンできれば、ある程度は支持されるとは思うけど。どうかな?

posted by DDIポケットの研究。 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | au

2008年09月16日

電波オフモード欲しい@WX321J

消費電力の大きいハンドオーバや圏外時の基地局を探す動作での電池の消耗を 避けるため、ハンドオーバの頻発する電車や、電波状況が悪く圏外の頻発しそうなところでは 電源を切ってるんだけど、時計も見られなくなるし、不便だ。アラームも使えないし、メモも見られなくなる。時計見るのに電源オンにするんだけど、ブート時間の待ちがバカバカしいのな。

PHSは仕組上、これらは避けられない部分があるので、電波オフモードは実装して欲しいところ。WX321Jには無い。実装済みの機種はあるのかな?W-SIM系統の端末でいくつか実装されてた気もするけど、気のせいかも。

posted by DDIポケットの研究。 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム