2008年02月29日

auのダブル定額の伸びとソフトバンクのパケットし放題の契約数について

パケ・ホーダイに関しては先日書いたので、その他2社の動向を。まずは、auのダブル定額の伸び方について。ソースはKDDIの決算説明会資料。2003年11月、ダブル定額の前身である、EZフラット開始。その年度末の定額制の契約者は約29万人。2004年は6月にパケ・ホーダイがドコモで提供開始される。8月には対抗措置として、ダブル定額が提供開始。この年の年度末、2005年3月末のダブル定額契約者数は約250万。この時点ではパケ・ホーダイの契約者数は268万である為、ドコモの方が多い。2005年5月、ダブル定額ライト提供開始。2006年3月末にダブル定額の契約者、約670万に到達。ドコモの定額制利用者は559万なので仕組の違いはあるものの、一応、引きはなす。2007年3月末には約1120万(ドコモは956万)。それで今年度の第一四半期である2007年6月末で、1211万(前期+91万)、9月末、1296万(+85万)、12月末、1359万(+63万)ってのが今年度の流れ。12月末時点でのパケ・ホーダイの契約者数は、1195万人。

各年度の増加数、括弧の中は同時期のドコモの数。2004年度は221万人(268万人)、2005年度は約420万人(289万人)、2006年度は約450万人(397万人)、今年度は現在までに約239万人(ドコモも同じ)。去年までの数字から見ると、今年度がドコモと同じところまで落ちてるのは厳しいかなと思うのな。それでも、契約の手軽さもあって、定額系の契約の中では一位の位置をまだ占めてる。

あとはソフトバンクのパケットし放題だけど、こっちの資料は2007年度の9月末12月末の決算説明会の記事ぐらいしかない。そこで示されてる3G契約者数とパケットし放題の契約率から割出した。ソフトバンクは2007年度の9月末のパケットし放題契約者数が611万で、12月末が714万。9月末と12月末で103万の増加。ソフトバンクの端末の3Gへの移行が大きく進んだのは去年なので、去年の定額制契約者の増加は大きかったんじゃないかなと思うのな。2007年度の決算説明会では孫社長が定額制契約者の伸び数が1位である事を誇る様な気もする。今年度、400-500万は増えてそう。

各社全部合わせると3200万越えてるな。定額制契約者数。9月末から12月末だけでも、237万増えてるのな。今年度末には3500万は越えるだろうし。来年度には4000万契約を越える可能性は高いんじゃないかなと思う。2009年度あたりに5000万突破するかも。

posted by DDIポケットの研究。 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ

2008年02月27日

HONEY BEEが売り切れたっぽい

BCNのPHSランキングで2月19日から25日の結果を見たけど、HONEY BEEのシェア、39パーセント。昨日の発表で36.2パーセントだったから。あまり伸びてない。どの店でも売り切れたね。多分だけど。再入荷があるまではシェアはあんまり伸びないかも。

X PLATEも3.1パーセントとシェアが昨日とあんまり変わらないから、こっちも売り切れたっぽい。

新さっぽろ店店長さんブログによると、 HONEY BEEは写メできないとの声が上がってる様なので、赤外線で画像が転送可能な事のユーザと店員への周知徹底が必要なのかもね。俺も赤外線が電話番号等の交換以外に何に使えるのか、知らなかったしね。

posted by DDIポケットの研究。 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム

二段階定額制プラン(その2)

二段階制定額プランの続き。パケ・ホーダイが実は結構な勢いで普及している件で書いたけど、月額4000円のデータ定額市場はどんどん拡大してる。二台持ち用として、ここに切り込むのなら、上限は4000円ほどってのが良いのかもね。パケ・ホーダイなりダブル定額を切って、その代わりにウィルコム端末を契約してもらいやすくなるかも。

ただ、ウィルコムの端末向けのコンテンツは必要充分だけど、派手なやつが他と比べると少ないのな。その辺がどう影響するかってのはあるけど。現状でこのプランを提供するのなら、音声定額でそこをどうカバーできるかってとこかなと。

これに一番近いのはソフトバンクのホワイト学割なんだけどね。あれは定額の範囲の広いダブル定額やパケ・ホーダイの代替としても使えるのな。携帯電話同士だとあんまり二台持ちやる意味ないけどね。ホワイト学割は発表の時の様子見ると15才の新規だけ狙うっぽい感じだったけど、4000円のデータ定額制を使ってる学生がナンバーポータビリティで移行しても良い感じかな。

posted by DDIポケットの研究。 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム

限定条件の24時間通話無料が増えている件

各社、家族や会社内での24時間通話定額を導入したのな。電波の利用効率が悪い方式でも、こうやって限定された条件なら、定額制を導入できるんだよね。これはケータイ端末上のデータ通信に限る事で、データ定額制を導入した、auのWINの端末のデータ定額制から続く流れだけど。

今後の新規は学生と二台持ちぐらいしか見込めないけど、高校生限定で24時間定額なんてのが実現可能なら新規獲得に有効かもね。

posted by DDIポケットの研究。 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ

2008年02月26日

HONEY BEEが爆発的に売れている

BCNのPHSランキングで2月18日から24日までの販売結果が掲載されてるけど、22日発売のHONEY BEEが36.2パーセントのシェア。昨日見たら、27パーセントぐらいだった。発売から一週間経つと最低6割はシェア確保できそうな感じ。X PLATEは発売一週間の時点でのシェア5パーセント切るっぽいね。4パーセント台っぽい感じ。

現在、3色でこんな感じなので、色が追加されたらもっと伸びるかも。さっき書いた、販売シェア一週間で6割は品切れ起こさなかったらの話なので、そこまで端末の在庫用意してあるのかなという気もする。売り切れて、6割のシェア行かないかもね。X PLATEの伸びが俺が思ったほどではないのは売り切れてんのかも。5パーセントぐらいはシェア行くかなと思ってたのに。

posted by DDIポケットの研究。 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム

2008年02月23日

ウィルコムの新しいCM

ウィルコムのCMの新しい奴が公開されたんだけど、ネット上で公開するのなら、FLASHにして、ウェブ上に貼れる様にすれば良いのにと思う。色んな人が自分のサイトに貼ると思うのな。

音楽やタレントとかの権利関係があって、あんまりそういうのできないのかもしんないけど。CM裏話見るまで気づかなかったけど、犬とハトの声、笑い飯だったりするしね。

posted by DDIポケットの研究。 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム

2008年02月22日

パケ・ホーダイが実は結構な勢いで普及している件

あんまり注目されない、パケ・ホーダイの最近の動向メモ。加入者数のソースはドコモの各四半期決算説明会資料。2004年6月1日にパケ・ホーダイの提供が開始、2005年3月末にパケ・ホーダイの加入者数は268万、2006年3月末には559万人。その年の12月末には856万人。約400万人増加。この間の詳しい増加の仕方は2007年度第三四半期のパケ・ホーダイに関する資料が参考に。2007年3月末に956万人(+100万)、6月に1046万(+90万)、9月に1124万(+78万)、12月末に1195万(+71万)。今年度末には1250万は越えそう。一番の繁忙期だから、もうちょっと伸びるかな。ドコモの全加入者が5000万ほどだから、全体の25パーセント近くがパケ・ホーダイ加入って事になる。そんでもうちょっと上積みすれば、1300万人だから、日本人の10人に1人が使うプラットホームに。

2005年度の増加は、約289万人、2006年度は約397万人。今年度は現在までで、約239万人だから、今年度末には前年度から比べて、300万人増は達成できると思うのな。それぞれ、52で割ると週あたりの増加数が見えるのな。2005年度は週平均約55000の増、2006年度は週平均約76000の増加。今年度は週平均約57000の増加。WiiやPS3などの週の販売台数が掲載されてるところがあるんだけど、2006年末のWiiのトータルの販売台数が約99万台で、昨年末の数値が約462万。一年で360万台ほど販売(Wiiの販売期間が年度で計測してないのはWiiの発売が2006年12月の為)。週の販売台数は約69000台。

こうやって見ると、パケ・ホーダイが結構な勢いで普及しているのがわかると思うのな。そんでもうちょっと書いておくと、今年度末にドコモ全ユーザの内、25パーセント近い感じのユーザがパケ・ホーダイに加入。アーリーアダプタの普及は越えて、キャズムを越えてる。一応、これを越えると調子良く普及していくのだけど、上の数字見れば、わかるけど、今年は前年度よりは調子が悪いのな。キャズムを越えたのに、パケ・ホーダイの売りが前と変わらないのが問題で、販売数が落ちてるかもしんないのな。

これからパケ・ホーダイを売るには売り方変えないといけないのな。その為のドコモとGoogleとの提携だろうし、905iなら、既存のケータイユーザ以外(PCユーザなど)にも受け入れられるアプリケーションを載せやすいかなと思う。これからは既存ユーザと違うところに広げていかないといけないので、モバゲーや着うたなんかを売りにして売ってる様じゃダメなのだろうと思うのな。

最近のパケ・ホーダイ動向で一番大事なとこは、既存のケータイネットのヘビーユーザと呼ばれる人達を越えて、それ以外の人達にも普及しつつある事かな。ずっと、ケータイネットユーザっていう特別な人達のプラットホームだと思ってると、ダメかもね。

posted by DDIポケットの研究。 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | NTTドコモ

X PLATE、悪くないスタート

X PLATEは男性に売れるだろうなと思ってたのだけど、BCNランキング PHSにX PLATE発売初日である、2月20日の分を含んだデータが公開されたので見てみた。10位以下のシェアはそのままだと見られないので、左のメーカーで選ぶのその他を選ぶと、その他のメーカーの5位までのシェアが見られるので、確認。初日の販売だけで、シェア1.1パーセントとの事。

初日でこれだけなので一週間ほどで、少なくても5パーセントのシェアは確保できるんじゃないかなと。一色しかない割には、いい感じで売れてると 思うのな。多色展開するともうちょっと売れるのかもね。でも、黒以外は似合わないかな?という感じもするので、単色の方が良いのかも。デザインだけでどこまで売れるのか、二日目以降の伸びが楽しみ。

posted by DDIポケットの研究。 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム

2008年02月21日

WX321J ファームウェア更新 2.00に

新しいファームウェア 2.00が公開されたので、端末から更新しようと、ファームウェアダウンロードページに接続。一度ダウンロードしようと試すけど、更新ファイルが0パーセントのまま進まないのと、京セラの問題を見て、ファームに問題があるから、ファーム更新する時は、飛びつかずに2、3日様子を見なきゃいけないなと思っていたのを思い出してやめた。

でも、2.00の響きに負け。2chなどでも問題があった的な書き込みが一応なかったので、更新する事にする。端末から更新する為にファームのダウンロードはじめたのだけど、0パーセントのままでファイルがどれだけダウンロード進まないのな。ずっと0パーセントのままで、いきなり画面が切り替わって、更新しますか?って出てきた。

更新しますか?で「はい」を選んで更新を始めたのだけど、真っ白な画面に「更新中 電池を抜かないでください」みたいな表示のまま、10分ちょっと数秒置きの画面の不気味なオンとオフを繰り返す。ファームの更新の進捗状況の表示は無し。ファームウェアの更新に10分から、25分掛かりますというのを読んでなかったので、5分ぐらいたっても、妙な画面のオンとオフを続け、終わらないファームの更新に、ファームウェアの更新失敗したのかなとドキドキした。端末が壊れたのかと思うので、日本無線の中の人はもうちょっと画面に更新の進行状況、表示しましょうと思うのな。

端末単体で更新した人にしか伝わらないかもしれないけど、真っ白な画面で変な画面の明滅を繰り返す、端末自身でのファームウェア更新中のWX321Jがまっくらな部屋においてあったら、大人でもちょっとビビると思う。呪われたケータイみたいに見えるのな。

ファーム更新したけど、Wapediaがケータイモードでちゃんと見られない件は直ってないや。これはサーバ側の問題で端末で対処する類のものではないかもしれないけど。

posted by DDIポケットの研究。 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム

二台目の端末に載ってると嬉しい機能

ポータブルITメディアの所有状況に関する調査を見ると、ポータブル音楽プレーヤをケータイとは別に持ち歩く人、比較的多い感じ。現実問題、3人に1人が音楽プレーヤを持ち歩いてるかというとそうではなくて、もうちょっと割合は減るのだろうけどね。ポータブル音楽プレーヤを持ち歩く理由はバッテリが切れるのが嫌というのが大きいみたい。音質に関してはそんなに差があるものなのか知らないけど。ま、大体納得の理由なのな。

携帯電話ではバッテリの持ちが気になり、微妙に使えない機能もウィルコム端末みたいに、二台持ちの端末なら、使ってもらえるかもね。そういう二台目の端末に載っていたら、嬉しい機能をアンケートなり調査して探すと良いのかも。一番は結局音楽プレーヤ機能なのかもしんないけどさ。

WX310Kは音楽プレーヤ機能を搭載しているので、ヘッドフォン代りに使えるヘッドセットと適当なminiSDを付けて、音楽プレーヤケータイとして、売ってみる実験をすると良いかもしれない。意外と売れるかもね。310Kは二台目として、ちょっと大きいのがネックだけど。全然売れてないので、販促の効果も測りやすいだろうね。

X PLATEみたいな端末に音楽プレーヤ機能があれば、結構良いのかも。

posted by DDIポケットの研究。 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム

2008年02月19日

新つなぎ放題感想

新つなぎ放題。1-8xまで一律、3880円との事。MEGA PLUSは既存のPROコースと違って、別料金。

他社のケータイ上の通信定額オプションと同程度の料金で、PCまで含めてデータ通信使い放題。音声定額とは逆に通話を携帯に任せる二台持ち狙いっぽい料金かなと(もちろんそれだけじゃないんだろうけど)。8xは使えないけど、W-SIMとnine+WS014INを持って、普段はnineで手軽にケータイサイト閲覧とメール、PCに繋ぐ時だけ、WS014IN使うとか良さそう。有線でも良ければ、HONEY BEEでも良いけど。nine+とWS014INセットとか出るかな?

nine+とかだと二台持ちでポケットに入れておいても邪魔にはならないね。 ケータイサイト閲覧ぐらいだけで良いので、すごく軽い片手で使える使い易いスマートフォンあると良さそう。あとこういうのあると端末にBluetoothあると良いかなと思う。ZEROProxyみたく無線LANでルータの様に扱えても良いのか。ま、無線でノートと繋げられると便利そう。ジャケットの入れ換えとかしなくて済むし。

音声通話できないみたいだね。着信もできないのかな?せめて着信はできると通話先が増えるのでウィルコム定額プラン持ちとしては嬉しいのだけど。知人にこのコースと端末買いそうな人居るし。

posted by DDIポケットの研究。 at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ウィルコム

WILLCOMのケータイサイトがイマイチ

Googleモバイルでウィルコムで検索すると、ちゃんとウィルコムのケータイサイトが一番上に表示されるけど、ロクに情報が書いてないのな。ケータイの会社とは思えないのな。定額プランの利点とか、機種とかきちっと載せりゃ良いのに。手抜きすぎじゃねぇかと思う。FAQとかもケータイ版いるんじゃねぇかな?

検索したら、ちゃんと出てくるし、多分、それなりにアクセスあると思う。せっかく見に来る人がいるのにもったいないな。エリアご意見箱とかも、ここから送れれば、携帯電話からでもエリアの問題のある場所が送れるのにな。もうちょっとウィルコムはケータイをうまく活用すると良いと思うんだけど。

ドコモは実はその辺、きっちりやってたりする。投資家向けのIR情報とかまで、細かく公開してると思う。昔なにかの機会に見た。iモード端末じゃないとアクセスできないけど。KDDIとか、ソフトバンクはどうなんだろう。

posted by DDIポケットの研究。 at 00:53| Comment(2) | TrackBack(1) | ウィルコム

2008年02月17日

通話定額層は端末デザインにお金を出すかも。

月額200円の負担がある、nico+BCNランキング見てても、今現在、シェアが約4パーセントと旧nicoとあんまり変わらない感じで売れてんのな。新さっぽろ店店長さんのブログによると、デザイン(色)でそこそこ売れてるみたい。月200円だと小物程度の金額だから、普段身に着ける品の値段としては安いだろうね。服とかアクセサリとか、もっと高いし。

通話定額目的の二台目需要が主なところだから、デザインがある程度、優れていれば、多少高くても売れるんだろうと思う。それに通話定額層って、アクセサリとか服とか装飾品に金を使う層が多い様な気がする。だから、デザインが優れていれば、特別割引の金額を多少減らしても大丈夫なのかもね。ダサいのは金額積まないと売れないかもしんない。

X PLATEの値段(新規月額1380円、WV割引1080円、総額33120円) 見て、俺は高いなと思ったけど、この感じだと売れるかも。実物見て、黒いところの質感微妙かな(でも見様によっては微妙じゃない変な質感)と思ったりしたけど、デザインは男に売れるだろうと思うタイプに仕上げてあるなと思うしね。基本的には悪くないと思う。月300円程度はそういう人達は出すんじゃないかな。

X PLATEの売れ方は今後の端末価格を左右するかもしれない。あと330Kは実物見てないけど、携帯と被らない感じだし、デザインもシンプルで悪くないので多少高くても売れるかも。330Kが出てくると320Tは厳しいかもね。少なくとも若年層にはダサがられそう。その辺の層には売れなくなるかもしんないので、売上げ落ちるかも。

posted by DDIポケットの研究。 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム

2008年02月16日

二段階定額制プラン

ホワイトプランで非定額時間帯に50分ほど通話するだけで、ウィルコム定額プランと同等になるというのを見ての思い付き。

基本料金1280円ぐらいで1-21時までの時間を定額にして、メールは無料。ウィルコム同士のウィルコムタイムの通話は30秒、21円の通話料、パケット単価は適当に設定。通話料金とデータ料金が合算されて、上限4000円まで課金される。上限まで到達すると、5280円掛かるプラン。他社の4000円の定額はデータだけだけど、うちは通話も定額になりますよって感じ。

ケータイの様なモバイルネットワークデバイスの料金制度で書いたけど、どっちも通信を利用した機能なのに、ケータイの通信の料金がデータを特別なもの扱いするのが電話機っぽい発想で、個人的に気に入らねぇのな。上みたいな感じにすると、通話もデータも種類関係なく、ネットワーク機能の料金は約5000円でストップ(通話はウィルコム同士じゃないとダメだけど)。通話とデータの課金の仕組(時間かパケット課金か)の違いはあるけどね。

posted by DDIポケットの研究。 at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ウィルコム

2008年02月11日

10ヶ月以上の機種変更の値段がWVS導入前と変わらないか、安くなっている件

W-VALUE SELECTの機種変更なんだけど、ほとんどの機種のW-VALUE割引が月額の割賦払いの料金と同額になったから、結局10-12ヶ月程度の機種変更の料金は導入前とさほど変わらないな。WX320KR、W-VALUE SELECT導入してなかったら、機種変更の価格、過去の似た様な性能の機種の値段から考えると、10ヶ月以上で2万円ほどになっていたと思う。以前、WX310系統は10ヶ月以上は2万円前後の機種変更価格だったし。

WX320Tだと10ヶ月で2万円ちょっとだし。12ヶ月で17800円ぐらいか。他の機種も大体この辺に収まってたりする。割と最短に近い感じで機種変更して、これなので、これという機種が無かったりして、もう一、二ヶ月機種変更が遅れると、機種変更の価格は以前より安くなっていると思う。

posted by DDIポケットの研究。 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム

2008年02月10日

W-SIMコネクタのWILLCOMストアで販売すると良いかも

memn0ckさんのところにW-SIMのコネクタを入手された方々についての記事が載ってたけど、短いタイプのコネクタなど入手性に難がある模様。アルプスのW-SIMのコネクタをWILLCOMストアで販売すると電子工作な人も喜ぶんじゃないかなと。これ大したコストは掛からないしね。ついでになんかコンテストもやると良いんじゃないかなと。

posted by DDIポケットの研究。 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム

タッチパネル搭載ノートPCについて

既存のUMPCとかを見ていて、微妙だなと思ってたのだけど、よくよく考えるとタッチパネルだけは良さそう。あれ、ノートPCでなんで流行んないんだろう(搭載すると大きくなるのか?)。

マウスが無くても、そこそこ操作性が得られるだろうし。ウェブとの相性も良いかなと。EeePCとかに付いてると便利そう。ブログに張られてるYouTubeの動画を押すと再生が始まったりね。

工人舎の似た様なノートPCにはタッチパネル付いてるけど、CPUが微妙だな。あんまりウェブを快適に使えそうじゃない。

XPのタブレットPC版とか、マウスがなくてもそこそこ使えるノートPC用のOSとして、売れば良かった気がする。なんか絵が掛ける事とかを売りにしてたけど。外でマウスとか持って歩くの面倒くさいじゃんか。タッチパネルなら最悪、スタイラスをもって歩かないといけない場合でもPC本体に十分挿さるしね。

EeePC的なサイズでネットが使える性能を持つ、タッチパネルを持つ、XGPHSなモバイルPCは良いかもしれないね。

posted by DDIポケットの研究。 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のモバイル記事

2008年02月09日

niftyが実験中のケータイ向けPCサイト変換サービスがウィルコムに対応

@niftyラボっていうniftyの新しいウェブサービスの実験を行っているところで、モバクシーっていうPCサイト変換サービスがβ版として公開されてるのだけど、10日ちょっと前にウィルコムに対応した。全てのサービスに対応しているわけじゃないけど、PCサイト変換って部分は使える。うちをずっと読んでる人ならわかってるだろうけど、ケータイ端末のレンダリング速度は遅いので、サーバ側で端末に適した軽いHTMLに変換してくれるこういうサイトは有用。公開時のお知らせに意見や要望をモバクシーのブログ問い合わせによせて欲しいと書いてあるので、意見を送ると良いかも。ウィルコム対応の要望も通ったみたいだしね。

ちょっと使ってみたけど、gzipによるテキスト圧縮に対応していないみたい。これに対応すると嬉しいな。

posted by DDIポケットの研究。 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム端末向けコンテンツ

2008年02月05日

922SH(インターネットマシン)を見ての雑感

922SHはケータイのネットワーク端末化っていうコンセプトが色濃く出ていて、面白いねぇと思ってみてたのな。フルWVGAの905iが出た時にキーボード付きのがあれば、面白いのにと思っていたのでドコモから出ると喜ぶ人も居るかなと思ってたのだけど。ソフトバンクから先に出た。

PCサイト閲覧はあんまり興味がないので、このサイズの液晶(これもフルWVGA)とキーボードを使って、新たに快適にできそうなのはなにかなと。905iで出たGoogle mapみたいな地図系のアプリケーションは当然として、あとはやや長文の英字も混じる様なeメールとかブログ書いたりか。そんなとこかな。eメール閲覧もここに入るけど、長文の(濃い)テキストが読み易いってのはあるか。ポケットはてなに集まるPCユーザ好みの面白テキストを読むの便利そうだな。

eメールは外部プロバイダのメールも使えるっぽい、Yahoo! mocoaというアプリを使えば、定額料金の上限が4000円ちょいの方で済むだろう。この機種に対応すればの話だけど。905iもアプリ系のやつが無いのか、探してみたけど、フルWVGA対応のアプリ無さそう。gooメールiアプリ(これも外部プロバイダ等のメールが使えるみたい)なんかもそうなんだけど、これが開発されたのがパケット定額制が無かったり、QVGA液晶の頃とか。アプリの投入が速すぎて、あまり使われず、903iシリーズまでの対応で開発が打ち切りになっているっぽい。もったいないな。905i+パケホーダイならもっと使う人も居るだろうに。

今までのケータイより少しできる事が多くなったぐらいに思っておくと、あんまり不満に思わないだろうけど。んー、過度の期待を寄せるとダメかもね。これ買う人はどっちで買う人が多いのかな?既存のケータイにキーボード付いただけみたいな感じで買うのか、新しい商品として、そこそこ期待して買うのか。基本は既存のケータイなのであんまり期待しない人が多いかなとか思うけど。端末のケータイサイトのブックマークとか、初期で入っているアプリケーションをPCサイドよりのユーザに向けて、構築した方が良いのかもしれない。それとも既存のケータイネットヘビーユーザが買うのでそれはやめた方が良いのか。

posted by DDIポケットの研究。 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク

ホワイト学割、安い

みどりうかさんのブログホワイト学割は本当に安いのか?という記事があり。ホワイトプランの料金が0円でもあれは結局機種代掛かるじゃんみたいな事を普通は思うじゃんか。そうじゃなくてアレは安く使える。今は機種代が月980円の24回払いのスパボ特別割引980円ってのはどこに行ってもほぼなくなってるはず。なので最低が両方とも1280円のが基本的な最低ラインかな。

そんでこれを必須のオプションのYahoo!ケータイ基本料金だけを付けて、ホワイト学割で契約すると、1280円の端末代を24回払わないといけないと。そんで三年目からはYahoo!ケータイ基本料金の315円のみになる。そんでスパボ特別割引なんだけど、通話料などとも相殺できるのな。だから、1280円から、315円引いた965円の無料通話(通信)が二年間付くという風に考える事もできる。そう考えると悪くはない。この無料通話は繰越とかはできないけどね。

無料通話が20分ちょっと使えるし、ソフトバンク同士だと例の時間帯の無料通話が付いてきて、メールも無料。他社との短文メールもパケットし放題が標準適応だから1.26円で送れる。安く色々やろうと思うのなら、一番色々できるかなと。

auのパターンはみどりうかさんが書いておられるので、ドコモとの比較を書くと705iシリーズとかでも、機種代だけで月1700円ぐらいは掛かるし、それに加えて、バリュープランのSSコースとiモード利用料を含めて、最低料金でも月々1260円は掛かる。無料通話の量は1050円分でパケット単価はソフトバンクの0.084円に対し、0.21円か。704iとかが0円で手に入れられたら、条件は変わるけど、その場合バリュープランの音声料金コースには入れないので、月額料金が2000円ほどになるか。

こんな風にケチって使うユーザが多いとソフトバンクは儲からないと思うけどね。

posted by DDIポケットの研究。 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク