2007年12月31日

端末にMP3着信音機能を標準搭載すると良いかも

俺は着信音は使わないので、どうでも良いんだけど、着うたの業者が市場規模の小さいウィルコムに参入する事は有り得なさそう。なので、MP3着信音機能、全機種に搭載すれば良いんじゃないかなと。実装コストそんなに掛かんないと思う。着うた程度なら、せいぜい100-200KB程度でしょ?端末のメモリも増やす必要ないしね。外部メモリスロットの無い、WX320Kとかnineとかでも十分使える。使える様にしておけば、なんにも無いよりマシなんじゃないか?。

外部メモリスロットとか、PCと繋ぐのが面倒臭くても、着うた程度の大きさなら端末にメールで送れば良いしね。nico.以外、全部載せちまえ。

MP3再生機能を付けたからといって、音楽聞くんじゃないんなら、メモリスロット用意したり、大容量メモリなんか必要ないんだよ。メモリ、数MBしか乗ってなかろうが、着うた用には十分なんだから、さっさと載せりゃ良かったんだよな。意外と単純な事なのに気付かなかったな。

posted by DDIポケットの研究。 at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ウィルコム

次世代PHS、必要十分な性能

2007年の携帯業界を振り返る(4)の最後の方にも書いてあったんだけど、次世代PHSが始まったら、その網の上で何を動かすか?が問題なんだよね。暇?人さんの次世代PHS技術から考えるサービスの予想を見ると次世代PHSだと1x相当で理論値での最大速度が650kbpsって事だそーな。

2xで理論値1Mbpsを越すわけで、ケータイ端末でフルブラウザを使うにしても、ウェブの世界が激変しない限り、これでまず、十分じゃないかと思う。この速度になると問題は完全に端末の処理速度のみってことになるんじゃないかなと。あとモバイルで動画は見ない人の方が多いと思うけど、動画を見るのにも十分。

ノートPCにせよ、1Mbps出れば、モバイル(デスクトップでも大体の場合)では十分だろう。20Mbpsなんてのは暇?人さんも書いてる通り、モバイルではオーバースペックなわけで。デスクトップでもこれが必要なアプリケーションってあまり無いしね。1Mbps程度の速度はHSDPAでも出るね。性能が必要十分に達したときに、不必要なスペックに余分な金を払う人間は少ないのは容易に想像できる。ADSLから光ファイバに移行しない人達がそうだな。ケータイの機種変更期間が長くなってるのもこれに当たる。

そんで話を本筋に戻すと、エリアがある程度整備されて、次世代PHSにせよ、モバイルWiMAXにせよ、HSDPA(特にイーモバイル)にせよ、速度とエリア的にはどれでも良いとなってしまうと、差を付ける要素として価格の重要性が上がる。どれを選んでも一緒なら、価格で選ぶぐらいしか選ぶ理由がなくなるわな。なのでモバイルデータ通信で価格競争が起こる可能性は高いと思う。次世代PHS等が始まる前に革新的な高速ネットワークを利用するアプリケーションが絶対に出ないとは言えないけど。そういうのは出なさそうな気がする。

過度の価格競争は質の低下を招くし、あんまり良いものでもないのだけど。

posted by DDIポケットの研究。 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム

タッチパネル付きケータイ

BCNのPHSランキングを見てると、相変わらずnineが売れてるな。二台持ちだから、携帯と被る機能が無くても、良いのかもしれない。通話定額層には携帯に無い変わった機能の端末とかも受け入れられるかもしれないね。

今、nineが28パーセントのシェアでad esが18.9パーセント、nico.が3.6パーセントのシェアだから。折り畳みが過半数割ってるな。ad esは今、30000円ほどのキャンペーン価格で売ってるからシェアが上がってるのだけど、キャンペーン前のシェア10パーセントぐらいの時でも、非折り畳み端末が過半数越えしてたな。

そんで折り畳みじゃないでも売れるのなら、タッチパネル付ければいいじゃんと思い付く。ま、ad esとかには付いてるわけだが、一般向けの端末にって意味で。折り畳み端末でもタッチパネルは付けられるけど、上の画面に付けるとペンで使うには微妙だったり、かといって、D800iDS見たいにしてしまうと、大冒険しすぎの感じがする。ストレート系の端末だと違和感無く、タッチパネルを付けられるだろう。

携帯には基本的に無い機能だな。それに偽テガッキーなんかもそうだけど、割と単純に面白い機能が付けられると思うのな。DSでも色々活用されてるし。応用は色々効くだろう。

WindowsMobile端末をそういう風に売ると、ユーザ層的に問題がありそうなので、GarnetOSとか、ACCESS Linux Platformあたりの比較的楽に扱えるスマートフォン用のOSを利用して、サクサクっとW-SIMジャケットを作り上げて、スマートフォンとしてではなく、タッチパネルケータイとして売ると良いかもしれない。

店頭でどういう風に使うの展示も、カメラで撮った写真に落書き(頭にうんこ載せたりな)するとか、手書きの画像メール送るとか、通話定額層が好みそうな使い方をいくらでも提案できるだろう。他にもタッチパネルのゲームとかもあるね。904iとかの体感ゲームみたいに体を動かす必要もないね。「そのゲーム、電車内でできないだろう」みたいな事もない。

それに加えて、これの良い点はタッチパネルは遊べるものだと、DSのおかげで広く知られている事。まったく新しい商品では無いのでお客さんへの説明が少なくて済む。見せれば一発で面白さが伝わる。新しい商品だと触って貰ったりしないと良さが伝わらないけどね。そういう苦労をしなくて済む。あとタッチパネルは低コストで実装できるだろう。金の無いウィルコムにはうってつけだと思う。

画面もQVGAとかで十分だろうし、esの40000円より、ずっと安く作れるだろうな。タッチパネルを使い易くしようとすると、画面の大きさがある程度要るので、Palm Centroみたいにちょっとだけ、ストレートとしては大きくなるかもしれないけど。

でも、二台持ち端末なら、D800iDSぐらい冒険しても意外と売れるのかな?それと画面をひっくり返して、外側に画面を向けられる折り畳み端末の画面がタッチパネルになっていないのは不思議かも。あの画面をタッチパネルにするのは誰か思い付きそうなものなのに。

posted by DDIポケットの研究。 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム

2007年12月29日

ウィルコムのスマートフォンの価格競争力

ウィルコムの優位性が薄れてきてると言われる昨今だけど、まだ価格競争力のある部分あるね。今まで気付かなかったけど、ad esの価格、競争力あるわ。

WX3xx系統とかの端末は携帯電話会社の端末と比べるとかなり見劣りすると思う。端末に興味がある人だと、比較すると厳しいものがあるんじゃないかなと。そんでad esの方なんだけど、あれ一括で50000円ほどじゃんか。スマートフォンで今国内で普通に販売されているのって、他はX01TX02HTぐらいしかないんじゃないかな?端末としてはad esと直接被るX01Tは93120円、X02HTは71520円だな(ただ、X02HTはQVGAだし、OSもStandard editionだから、ad esとは被らないな)。24回分割だと、3880円と、2980円。新スーパーボーナス特別割引は両方とも月額1550円(ブループラン・バリューの場合 バリューの理由は後述)。

X01Tをスマートフォンとして使う場合、ブループラン系で付けられるパケット定額Biz(月額5985円)が定額用のオプションとして一番安いみたい。ホワイトプランのオプションで付けられるパケットし放題だとソフトバンクでXシリーズを使う場合、定額の上限が10290円。ちなみに122500パケットで到達なので、ウィルコムの1000円ちょっと分。

これにブループラン・バリューのSSプランバリューを最大割引を効かせて契約して、1050円、S!メール利用の為に、月額315円だな。だから、1050+5985+315で月額7350円か。これに端末代2330円が24ヶ月、足されるね。併せて9680円。

契約するプランがブループラン・バリューなのはパケット定額Bizの事もあるけど、ブループラン・バリューにする事で失う新スーパーボーナス特別割引の額(2200円から1550円になるので、650円)より、ブループラン・バリューにする事で安くなる月額料金の方が上だから。ブループランだと1890円のSSが、バリューだと1050円で840円安い。こっちの方が有利。

そんでここからは仮定の話も入ってくるのだけど、新スパボ特別割引みたいなの無しで、ad es端末代利用者に全部丸投げしても十分安いじゃんか。総額51120円の24回払いで月々2130円だしね。端末の代金を丸投げする代わりに、1000円ほどから始まる無料通話が付いているバリュープランに対抗できるプランをいくつか作り、それにデータ定額のオプションを付けられれば十分戦えるんじゃないかなと。料金的にも無料通話付きの音声通話料金+データオプションと携帯電話との比較もしやすくなるし。このプランだとウィルコム定額プランとも被らないしね。新しい音声マーケット。

例えば、ウィルコムスマートフォンプランS(仮名)の1050円+データ定額の1050円。これに端末代2130円で4230円か。上限までパケットが到達した場合でも、6980円(端末代抜くと4850円)だな。315円払って、高速化サービス付ければ上限に到達しづらくなると思う。

国内での比較対象があんまり無かったからわからなかったけど、スマートフォンって携帯電話として作ると高くなるんじゃないかな?今日、ドコモのNM705iについて調べていたのだけど、元になっているっぽいSymbian(S60)搭載のNokia 6121 classicという端末あるけど、端末数そこそこ作るはずのNokiaが作っても、販売価格が260ユーロ(税抜)するらしい。日本円にすると今1ユーロ165円ほどだから、43000円ぐらいか。スペックはNM705iのページ見ればわかると思うけど、ad esと比べるとかなり見劣りすると思う。ad esみたいなのを50000円で作れるのはおかしいのかもしれない。そういえば海外のスマートフォンってどれも結構高かった様な気がするし。esは総額40000円で買えた。6121 classicより安いね。携帯電話で40000円でこういうの作るの無理なんじゃない?esはもう、魅力に欠けるからダメだと思うけど、入門用として、3-40000円で買えるスマートフォンがあっても良いのかもね。

スマートフォンを買う人がドコモのバリュープランの様に端末に50000円とか払ってくれたら、上の様なプランもできるかもしれないね。

このプランはバリュープラン同様。このコースを契約するには新規か機種変更時にW-Valueを契約するのが必須にすると良いんじゃないかと。既存の契約者がコースの変更での契約は無し。こうすると簡単にプラン変更できる事で支払額が下がる事を避けられるし、24ヶ月契約で解約率低下も期待できる。既存のW-Value契約者の為になんかの措置はあっても良いかもしれない。あまりARPUが下がるのが嫌なのであれば、リアプラはこのプランでは契約できないとか色々手はあるだろう。顧客満足度とのトレードオフだけど。データ定額だけで、十分競争力がある様なら、リアプラ無しでも行けるだろうし。標準のパケット単価や通話料金の単位をいくらにするのかも考えどころだね。

posted by DDIポケットの研究。 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム

2007年12月24日

ソフトバンクの端末の価格

暇?人さんのところに、ソフトバンクの端末代が異常に高い件という記事。俺も最近、ソフトバンクの端末の新規に出てくる機種の値段がそこそこするなと思っていたのだが、捉え方が暇?人さんと逆だった。ソフトバンクのが高いのじゃなくて、ドコモとauのが本来の価格より安いんだと思ってた。

ad esは通信機能を内蔵してないから、あのスペックで五万円とかで作れる。製造台数の違いがあるにせよ、さまざまな機能を内蔵して、905iシリーズがad esと同じ価格っておかしいと思ってた。なので、インセンティブ、2-3万円出していて、それを省くとソフトバンクの端末の価格になるんじゃないかなと。ワンセグ内蔵のWalkman、4GBのメモリ搭載の安いやつでも30000円するしな。

あと10万円越える機種って、ガンダムのシャアモデルぐらいしかないと思う。9xxとか8xxの新機種は大体7-9万円の値段が付いている。それと機種変更だと10万円を越える機種が増えると書いてあるけど、間違いじゃないかな?短期の機種変更だと、月々のスーパーボーナス特別割引が減らされることはあるけど、支払い総額が変わる事はなかったはず。最近制度変わったのかな?

12/24 23:38追記
調べてみたら、ソフトバンク、機種変更の時、端末価格自体もちょっと高くなるみたい。こっちが間違ってました。すいません。暇?人さん。平均、300円ちょっとx24回分上がる模様。でも、10万を越える機種はシャアとか芸能人モデル以外、ほとんどなしの様子。

posted by DDIポケットの研究。 at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ソフトバンク

2007年12月22日

スマートフォンユーザ向けの音声プランその2

一月ほど前に書いた、スマートフォンユーザ向けの音声プランの続き。回りにウィルコム定額プランの利用者がいない、スマートフォンユーザから見て、定額プランは音声料金のプランとして、損じゃない?という話。DoCoMoの年度事業データを見るとの2007年末のMOUって、144分ね。そんで、auのモバイルサービスデータを見ると2007年の第二四半期分が139分。DoCoMoの料金プランで解説する。ドコモの144分だと、この辺に相当するのはタイプMというプラン。割引値を最大にするとこっちも3465円で契約できる。無料通話は4200円分で、30秒14.7円で通話できて、最大142分話せる。端末代金の個人負担分の大きいバリュープランだと月額料金が840円更に引かれる。

WILLCOM定額プランで、142分話すと、30秒13.125円だから、3727円掛かる。これに2900円足すと6627円だな。定額プランの割引の値を最大にして700円引いても、5927円。

全てのプランと比較した表を載せる。ベーシックプランで比較。ドコモのプランがバリュープランだとここから840円引かれるし、ウィルコムの複数割引だと定額プランは700円引かれる。


最大割引時料金
無料通話(最大通話時間)
通話料(30秒) ウィルコムの料金(ウィルコム定額プラン基本料+ドコモのプランの無料通話分の通話を携帯宛に行った場合)
タイプSS
1890円
1050円(25分)
21円 3556円(2900円+656円)
タイプS
2415円
2100円(55分)
18.9円 4343円(2900円+1443円)
タイプM
3465円
4000円(142分)
14.7円 6627円(2900円+3727円)
タイプL
5040円
6300円(300分)
10.5円
10775円(2900円+7875円)
タイプLL
7665円
11000円(733分)
7.5円
22141円(2900円+19241円)

ベーシックプランとウィルコムの割賦は違うものだし、バリュープランとウィルコムの割賦も違う。パケット単価も違うし、メール無料なんてのも違うので、一概には比較できない。他にもiモード基本料金みたいなのが要らないとか色々あるけど。その辺は端折って単純に電話料金プランとして比較。

通話料金に対する不満が出てこないのは、俺もそうなんだが、ウィルコムコミュニティ界隈には通話のライトユーザが多いのだろうな。俺なんかはタイプSSで十分なユーザ。通話用の携帯と二台持ちであるとか、他にも色々理由はあるだろうけど。あと2000円以下の無料通話込のプランに大きいW-Value割引は出せないだろう。考えないといけないことは色々あるけど、長期機種変更しないユーザ向けの施策も含めて色々検討して欲しいなと思う。

せっかくad esみたいな売れるケータイを出したのだし。ケータイに対抗する料金プランがあっても良いと思う。料金プランや販売に関してはウィルコムコミュニティで語られている事以外にも色々他にも思う事があるので、あとでもうちょっと雑多な感じで色々書く予定。

posted by DDIポケットの研究。 at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ウィルコム

2007年12月19日

夏野剛氏@慶應での講演

ドコモの夏野剛氏の慶應大学での講演ビデオを見付けた。今年の六月に行われたもの。色々ざっくばらんに語られているので、面白いので見ておくと良いかな?ケータイ好きが見ると十分楽しめるものになっていると思う。ウィルコムの中の人も見ると良いかも。一時間半あるけど。ビデオの中で語られている事なので、一応、書いておこう。このビデオはNTTグループ関係者は見ちゃダメだそうだ。

語られていた事で、気になった発言抜粋。ワンセグ端末は売れてるけど、実際はこれほど使われていない機能はない(これはよく言われている事だけど)。音楽ダウンロードの利用はユーザの10パーセントほど(テレビ電話は8パーセントらしい)。ただしこれは着うたも含めてなのか、着うたフルだけに限った事なのかは不明(最後の方で着うたフルという発言は出るけど)。

スライドの無勝手流サービス開発の秘訣あたりで語られているコンシューマ向け商品の開発についての話が一番重要なとこだな。自分と世間がどれほどずれているか認識する等など。あと「端末のほとんど使わんだろう、コレ」という様なゴミの様な機能は、夏野氏も認識している。あと、これはビデオ見てれば、わかると思うけど、夏野という人もテクノロジが好きな人だわな。

夏野氏は講演の中で、この記事をもっとおもしろおかしく書ける様な発言もしているのだけど、そんな風に書くのは下品なのでやめておこう。

posted by DDIポケットの研究。 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | NTTドコモ

2007年12月13日

フルブラウザで見るサイト

ウィルコムユーザがケータイ端末で普段よく使うケータイ&PCサイトは?の続き。マイボイスコムが、携帯電話のフルブラウザ機能の使用状況に関する調査をしたみたい。それによると、見るサイトはニュースが36パーセント、交通案内/地図/旅行が34パーセント、天気が32パーセントだそーな。それに続いて、ブログ/SNS/Wikiなどが19パーセントで、ショッピング/オークションが18パーセントらしい。

天気予報をフルブラウザを使ってみる必要、あんまりねぇような気がすんな。なんでだろう?やっぱりケータイサイトを探すのが面倒なのか?ニュースは暇潰しかな?続く二つは実用系か。この辺の使い勝手の良いケータイサイトを揃えて、メーカーが端末のブックマークの中に最初っから突っ込んどけば、ケータイサイトに詳しくない人間でも使えるだろう。

俺はPCサイトをケータイでまず見ないけど、ケータイサイトの利用傾向はこのアンケートに近い感じだな。暇な時に共同通信ニュースとポケットはてなを見て、Googleモバイルで電車の時刻表を見たり、天気予報見たりぐらいだしな。あとはWapediaとamazon.co.jp(商品の仕様など)、Googleモバイルで調べ事ぐらいかな。これで利用方法のほとんどを占めるな。

実際にはフルブラウザ利用者も大した事してない人が多いみたいだな。フルブラウザの大部分の利用用途は基本的にウィルコム端末でもケータイサイトで代替可能なのな。Yahoo!オークションとかは無理だけど。ウィルコムのケータイコンテンツ、少ないけど、フルブラウザ利用者が求めるタイプのコンテンツは充分あるな。

ウィルコムはコンテンツが少ないから、PCサイトを使わないといけないみたいな意見を見るけど、このアンケート見ると、そうでも ないかもな。大部分は充分現在のコンテンツでも代替可能だな。

posted by DDIポケットの研究。 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルコム端末向けコンテンツ

2007年12月04日

The Zen of WILLCOM

The Zen of Palmを読んでいて、The Zen of WILLCOMをWILLCOM自身が完成させてくんねぇかなと思う。金ねぇしな、ウィルコム。「端末の不満点解消も2:8の法則を」に書いたのと被るけど、ウィルコムには顧客の要求を全部解決するだけの金と能力ないし、糞の山の中から、ダイアモンドを堀り出して、ティーカップに突っ込むしかないわな。

前に書いたみたいに、ウェブも空いた時間の暇潰し目的がほとんどなら、暇潰しに十分な範囲をウィルコムの端末でも快適に使えるケータイウェブにして揃えてしまえば、滅多に使わない他の8割の糞の山の事なんか、一部の人間以外は気にならないだろうし。端末機能も高機能を欲しがる理由が、デジタルガジェットとして面白いものが欲しいっていうのが、最も大きいのなら、高機能路線を追わなくても、スマートフォンみたいに、ソフトウェアの部分で別の面白さを提供できるわな。比較的低コストに。DSやPalmは性能はしょぼいけど、オタクにもきちんと評価されてるしな。低機能低コストだが、評価されるものを作る事は可能だわな。

ケータイウェブの良いところは、それを快適に実行するのに大きなネットワーク帯域や、クライアントの性能(CPUや画面の解像度など)が必要ない事だな。高速なネットワークや高速なクライアントを作るには、多額のお金が必要だし、それは顧客へのサービスの提供価格にも跳ね返るわな。端末価格やネットワークの価格な。低コストで快適なネットワークサービスを提供したいのなら、太った豚の要素(例えばPCサイト)を売りにするのはやめれば良いのな。

Palmがなんでもかんでも出来なくても、許されたのは、The Zen of Palmがコミュニティに浸透してたからと思うのな。WILLCOMは単純なガチンコで携帯電話会社と戦うと負けるので、Palmがやったみたいに工夫するしかないんじゃねぇかと。Palmは最終的に勝てなかったけど、あれはPDA自体がポシャったのが原因だと思うので、考え方は有用だと思うのな。社長がThe Zen of WILLCOMみたいな哲学を発表して、なんでもかんでもできるゴリラを作るのは諦めて、顧客に必要なものを快適に実現できる商品とプランも発表すれば、ウィルコムコミュニティの雰囲気も変わるんじゃないかなと思う。オタク集団だしな。哲学の方向性が正しく、その哲学の元に生み出された商品が革新的なら、ちゃんと評価すると思うのな。

逆に言うと、WILLCOMの低機能低コスト端末に不満が多いのは、哲学と革新性が見えないからだわな。そこを見せられれば、不満はかなり消えると思うのな。本当に高機能を欲しがる人は文句言うだろうけど。

ま、The Zen of Palmは面白い文章だし、読んでおくと良いかな。ウィルコムの中の人も読んでくれたら良いのだけど。これを読んでる人の中で、誰かウィルコムの中の偉い人とツテがある人が居たら、教えてあげて欲しいのな。

posted by DDIポケットの研究。 at 23:08| Comment(3) | TrackBack(0) | ウィルコム